資格タイトル
パソコン検定

パソコン検定:
パソコン検定協会が行う初級・中級者向けのパソコン利用技能が求められる資格であります。

1級:企業内の情報化推進リーダーや会社の情報化など推進ができる者又は最新の情報技術動向を把握し、投資の目的や費用など考えた上での情報インフラ・システムなどの企画・導入・開発などの統括が求められる資格であります。

準1級:データベースソフトの概念を理解しており、利用部門の情報システムを運用・管理ができ、サーバ・ネットワークなどの知識が求められ、ネットワーク上のトラブルに対する管理者レベルでの対処などが求められる資格であります。

2級:企業部門の部門リーダーで部門内スタッフに対する各種指導ができ、ネットワーク上のトラブル対処を含む、部門内の情報環境を整えることが求められる資格であります。

準2級:企業部門の部門リーダーの補佐を行い、部門内の情報環境を整えることができ、ネットワークに接続されたクライアントPCで、社内職務で応用的な知識・スキルが求められる資格であります。

3級:企業入社1・2年目でネットワークに接続されたクライアントPCで、社内職務で基本的な知識、スキルが求められる資格であります。

4級:企業入社時で必要とされるICT利活用能力があり、パソコンを個人的に日常で利用するに必要な知識・スキルが求められる資格であります。

準4級:ワープロソフト・表計算ソフト・インターネット・電子メールの特徴と基本機能の知識が求められる資格であります。

5級:パソコン初心者レベルであり、パソコン・インターネットで良く使われる用語の知識が求められる資格であります。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定:
映画・アニメーション・ゲーム・CMなどといったCG映像の制作において、シナリオ・絵コンテ・日程・予算などといったものを元に、、映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に用いる能力が求められる資格であります。

1級:3次元CGと映像制作における知識を応用して、制作現場で3次元CGのモデリングやアニメーション、シーン構築などといった業務で行う能力が求められる資格であります。
一次試験において、ディジタル映像部門2級合格した者が受けられ、CGにおける専門知識の応用やディジタル映像制作における問題解決が求められ、二次試験において、ディジタル映像部門1級一次試験合格した者が受けられ、ディジタル映像の制作の課題があり、一次二次に合格した者がこの資格を所得することができる。

2級:3次元CGと映像制作における専門的な知識と3次元CG映像の制作の知識を応用する能力が求められる資格であります。

3級:2次元CG・3次元CG・デザインにおける基礎的な知識とCGの静止画制作の知識を利用した能力が求められる資格であります。

おすすめWEBサイト 5選

口コミで評判!豊洲・木場エリアでおすすめの人気スポーツジム・フィットネスクラブ

Last update:2018/3/5

『資格 PC』 最新ツイート

@a_ranking_news

(8/24) 楽天ブックス PC・システム開発 > その他ランキング12位:Ruby技術者認定試験合格教本改訂2版 Silver/Gold対応 (Ruby公式資格教科書) [ 前田修吾 ] https://t.co/6a1igmKIeJ

51分前 - 2019年08月25日


@a_ranking_news

(8/24) 楽天ブックス 資格・検定 > PC関係資格ランキング14位:基本情報技術者らくらく突破表計算改訂4版 (情報処理技術者試験) [ 原山麻美子 ] https://t.co/ehEFmJgtaG

55分前 - 2019年08月25日


@tanomanahuman

✾たのまな{δ ◡ δ}レビュー紹介✾ ITパスポート試験対策→ 合格率5割以上の国家資格!親子で勉強している方も☆ 値段も高くなくて学生でも手が出しやすいお手頃講座。動画中心で見て聞いて学ぶことができるのは頭に入りやすく嬉… https://t.co/QeQPNkYepc

1時間前 - 2019年08月24日